在学生からのメッセージ

from 岩本 亘平(長野県出身,2012年度入学) from 岡部 菜央(静岡県出身,2012年度入学) from 高木 裕太(静岡県出身,2012年度入学)
* 人物写真については、本人の承諾を得て掲載しています.

岩本 亘平(長野県出身,2012年度入学)

 昨年4月より、私は山梨大学工学部先端材料理工学科に入学しました。私はこの学科の第一期生です。新学科ということもあり、質の高い情熱的な授業が日々展開されています。1年次では工学で使う基礎数学や、高校よりも少し難易度の高い基礎物理や化学を学び、工学を学ぶための土台を作ってきました。実験などの体験を通して物理化学を体験し、座学で学んだことへと繋がっていくことも多くありました。また、キャリアハウスに参加している学生も多く、自主的に学生自らが学ぼうとする姿勢がとても強いです。私もそこでより深い数学を学んでいます。私はこの学科で学ぶことができてとても光栄に思っています。
数学,物理,化学を基礎からしっかり学び直せる! ・・・ 教育内容
学科横断「キャリアハウス」で1年次から研究ができる! ・・・ キャリアハウス

岡部 菜央(静岡県出身,2012年度入学)

 先端材料理工学科は多くの分野を学ぶことが出来るのが特徴です。私は化学を専門に学びたいと思い入学しましたが、今は物理分野も視野に入れて、将来を考えています。また、この学科では高校の理科か数学の教職免許を得ることができます。私は理科の教職免許を取るため、勉学に励んでいます。学生の負担が少なくなるよう、大学側がとても協力的です。他に、「キャリアハウス」の「ティーチサイエンス」に参加しています。授業よりも本格的な実験に取り組むことが出来ます。昨年度はスターリングエンジンを作ったり、万有引力定数の測定をしたり、様々な実験を行いました。学ぶことが多く、大変ですが充実した大学生活を送っています。大学に入って軽音楽サークルで活躍しています.毎日めまぐるしくアットいう間に過ぎてしまいます.気がついたときには,定期テスト.どんなに苦しくとも手を抜かず,現在大過なくやっています.
理科と数学の教員免許を取得可能! ・・・ 教員免許取得
理科教材開発体験でデキる科学者・教師に! ・・・ ティーチサイエンス

高木 裕太(静岡県出身,2012年度入学)

 先端材料理工学科では実験室での実習科目が多くあります。化学実験、物理学実験の両方について高校で行う実験よりも難しく、楽しい実験を行うことができます。繊細な器具の使い方を学び、それを使ってより高度な考察を行うことができます。授業では他の分野の基礎となる数学はもちろん、化学、物理、物理化学の分野を中心に勉強していきます。そのため材料を研究するための基礎をしっかりと築くことができます。また、山梨大学にはナノ材料研究センターとクリスタル科学研究センターがあり、最先端の材料について学ぶのにうってつけの環境があります。材料について学びたいという人は是非山梨大学先端材料理工学科を受験してください。
化学,物理の実験科目が両方充実! ・・・ 教育理念
研究センターとの連携で実践的な教育が受けられる! ・・・ 教員一覧

Recent Photos
44 s_6.jpg DSC_0761s s_2015-04-17 16.42.39.jpg