渡邉満洋先生が学会で優秀講演賞を受賞

先端材料理工学科の渡邉満洋先生が,10月に福岡大学で開催された一般社団法人「表面技術協会」第128回講演大会の優秀講演賞を受賞しました. この賞は,講演者(講演大会当該年の4月1日現在40歳以下)の中から,優秀な講演者3名以内を授賞するもので,117件の応募の中から渡邉満洋先生の「Cu/ZnO/ガラス構造の高密着化におけるZnO/ガラス界面の影響」が受賞しました.表彰は3月の公演大会で行われます.
* 人物写真については、本人の承諾を得て掲載しています.
Posted in 教員の活動, 最近の出来事