特色ある教育 「入門化学」

入門化学 化学を使って新たな発見をする人は, きっと,化学を面白いと思い,化学を好きです. 面白さは,実際に手を動かす 実験を通して感じるのが一番だと思います. 実験をしているうちに, 「基礎知識があればもっと面白い」 ということに気づきます. 学べば,実験結果の予測や理解,考察が出来るようになり, 研究者への一歩を踏み出せます. 入学してきた学生から 「高校では化学の実験をあまりして来なかった」, 「沢山実験がしたくて大学に入った」, と言われることがあります. 先端材料理工学科では,その思いにしっかり応えます. 「入門化学」という授業科目で, 大学1年の4月から, 化学の実験を初歩的なことから順に行います. そして実験をするだけではなく, 実験と密接に関連する基礎知識の講義をセットで行います. この科目で身につけた基礎知識,基礎技術をもとにして, 10月(後期)からは,より本格的な化学実験を行って, 化学の基礎力を確かなものにします. 単なる知識ではなく, 大学の高学年,そして将来社会で活躍する際の土台となる 実践力を身につけてもらうための工夫です.
関連情報: 入門化学 電子シラバス, 化学実験 電子シラバス
* 人物写真については、本人の承諾を得て掲載しています.
Tagged with: ,
Posted in 教育関係