1年後期の週間スケジュールを紹介します!

先端材料理工学科の1年生が 後期(10月〜2月)に受ける講義を紹介します. 学生によって一部異なりますが, 代表的には以下の講義を受講します. ■語学系 英語BII ドイツ語初級II(他にフランス語,中国語,スペイン語,日本語が受講可能) ■化学系 (前期は入門化学,熱力学→) 化学平衡論:熱力学の発展 化学実験 ■物理系 (前期は入門物理I →) 入門物理II 初等力学 ■数学系 (前期は微分積分学,数学演習I→) 線形代数学,数学演習II, ベクトルフーリエ解析,基礎工学演習I ■コンピュータ・リテラシー 情報処理及び実習 ■その他 実践ものづくり実習 文系科目 前期にすべての分野の基本である微分積分学, そして物理,化学の入門編(入門化学,入門物理I)を受講しました. 後期はそれをベースとして, さらに数学の基礎固めとして 「線形代数学」と「ベクトルフーリエ解析」(それぞれ演習の講義もあります)を学びます. 化学は「化学実験」にて,より実践的な化学的基礎手法を学び, また,前期の熱力学の発展として化学平衡論を学びます. 物理は「入門物理II」として,物理の基礎的な考え方を具体的なモノを通して身につけます. また物理学全般の基礎を成している初等力学を学びます. 1年の前期と後期で数学,物理,化学の基礎をしっかりと学び, 2年次以降の専門科目の学習にスムーズに移行できるよう工夫されています.
関連ページ 1年前期の講義の特色をご説明します! 先端材料理工学科の教育内容
* 人物写真については、本人の承諾を得て掲載しています.
Posted in 教育関係