体験入学会を開催しました!

先端材料理工学科 体験入学会を,11月3日(日)に甲府キャンパスT1号館8階にて開催しました.当日は約40名の方がお越し下さり,ポスターによる研究紹介や,所属学生による学科紹介などをお聴き頂きました.体験入学会のメインイベントである体験型実験には約20名の方に参加頂きました. 当日の様子を写真でご紹介します.他の写真はフォトギャラリーでご覧いただけます.

参加者控室「サイエンス・カフェ」の様子です.興味のある研究紹介ポスターについて研究室の学生から直接説明を聞けます.また,中央のディスプレイでは,先端材料理工学科での学生生活について説明を行いました.

体験入学会の開始.堀教授からご挨拶.「研究室で行う研究とはレベルは異なるかもしれませんが,
身近な現象の理解や,基本的な実験について深く考えることは,大学における基礎研究に通じるものがあります」

綿打先生による演示実験.超伝導体を使った磁石浮上実験です.液体窒素に漬けられた超伝導体に磁石をこすりつけると不思議な事に磁石が空中に固定されるかのように振る舞います.(動画はこちら

体験型実験の一コマ,山梨県の特産物ぶどうと,ナノクリスタルを組み合わせて太陽電池を作製します.
教員や学生が丁寧に指導します.

体験型実験の一コマ,赤,緑,青の光を混ぜて白色光をつくります.
これを応用して光ファイバーイルミネーションを作製しました.

他にも,液晶によって光をコントロールする実験や,クリスタルの成長を目の前で観察する実験などの,体験型実験が用意されており,参加した生徒の皆さんは熱心に実験に取り組んでいました.身近なところに先端材料があること,また新たな先端材料を生み出すことの大切さが伝わっていましたらうれしいです. 来年以降も体験入学会を開催する予定です.皆様のご参加をこころよりお待ちしています.
* 人物写真については、本人の承諾を得て掲載しています.
Tagged with:
Posted in 最近の出来事